秀和小岩レジデンス

時は1960年代。東京オリンピックに湧く都心部で、分譲マンションの建設が始まりました。

初の民間分譲マンション「四谷コーポラス」に、今も原宿駅前のシンボルである日本初の億ション「コープオリンピア」、デザイナーズマンションの先駆けとも言える「ビラシリーズ」など、現在ヴィンテージマンションと呼ばれるものの多くがこの時代に建てられました。

そんなヴィンテージマンションの中でもひときわ人気なのが秀和レジデンスシリーズ。

特徴は秀和シリーズに共通の統一されたデザインです。

南欧風ブルーの瓦にホワイト基調の塗り壁、そしてバルコニーに施されたアイアン柵がもたらす雰囲気は、当時の文化人や外国人をうならせただけでなく、今もヴィンテージマンション好きの方から支持されています。

その多くは代官山や自由が丘など都心部にありますが、今回は数少ない下町エリアに建てられた秀和シリーズの一部屋をご紹介いたします。

最寄り駅はJR総武線小岩駅。まさしく下町で、ロータリーからは放射線状に複数の商店街が伸びています。その複数ある商店街のうち、線路沿いに続くサンロード商店街をまっすぐ12分ほど歩くと、見えてきましたブルーの屋根。

そうこれが今回ご紹介する秀和小岩レジデンスです。

改めて外観を見て行きましょう。秀和小岩レジデンスは10階建。最上階から段差になっていく姿やアイアンのバルコニー柵、ホワイトの塗り壁はほかの秀和同様に保たれていて、ファンの方なら思わず「あ、秀和!!」となってしまう王道の外観をしています。

歩道沿いに生える植裁には朝顔が植えられていて、水やりやツタ網を立てたりと、手を入れている人の姿が浮かんできて、なんだかほっこりします。(多分管理人さんかな。)

エントランスは東側。赤いレンガに植裁、そしてお馴染みのマンションネームプレートもちゃんとあります。ロゴや電灯もレトロでおしゃれですね。

秀和シリーズはどこもそうですが、小岩レジデンスも管理体制が良好。積立金の総額も多くありますし、耐震診断の実施が組合で話されている(平成27年8月5日現在)など自分たちの住まいをより良くサステナブルに維持していこうという組合のみなさんの意志が感じ取れます。

管理人さんも住み込みなので安心。何かあった時はやっぱり頼れる人がそばにいるのが一番です。

さて肝心のお部屋ですが、2階の東向き。43.5㎡で2DKの間取りになっています。お部屋は正直、普通です!!ただし、その分おもいっきりリノベーションしたい方にはオススメ。

スケルトンにしてぜーんぶやり変えたい方にもってこいのサイズになっています。

なにはともあれ、omusubi不動産エリアから最も近い秀和レジデンスシリーズ。

ファンの方、ヴィンテージマンションに住んで見たい方、一度ご内覧してみてください。

/
所在地
東京都江戸川区東小岩6丁目33−12
価格
ご成約済
専有面積
43.5m²
交通
JR総武線小岩駅 徒歩12分
間取
2DK
建物階
地上10階建2階 
築年月
昭和48年11月
方位
構造
SRC
駐車場
 
その他
アトリエ,管理費7,900円/月 修繕積立金9,200円/月 入居時エレベーター使用料5,000円 常駐管理  表示価格は税込です。事務所使用時は事前に組合の許可要、その場合特別管理費3000円。売主の瑕疵担保免責
情報提供元
情報公開日
2014/01/05
情報更新日
2016/05/20
歩道側から見るとこんな感じ。L字になっています。歩道沿いの植裁。朝顔も咲いています。秀和小岩レジデンスのネームプレート!ロゴです。エントランス。アイアンのアーチがかわいい。電灯もレトロですね。最寄りはJR総武線小岩駅。駅の南口のロータリー。たくさんの商店街があります。秀和小岩レジデンスはサンロード商店街をまっすぐ12分。
物件名
ご希望内容
お名前*
メールアドレス*
お電話番号*
希望日(内見、ご来社、お電話でご都合のいい日時など)
メッセージ