BONUS TRACK 第32316号
2021.6.11発行

下北沢店が運営する新拠点「ナワシロスタンド」はじまります!

omusubi不動産 下北沢店は2020年4月にオープンし、おかげさまで1年と2ヶ月が過ぎました。

下北沢店が入居し施設管理を行なっている「BONUS TRACK」も、コロナ禍の影響はありつつもたくさんの人に訪れていただき、毎日賑やかで楽しい商店街になってきました。

今回はそんな下北沢店が手がける新たなシェアカフェ『ナワシロスタンド』をご紹介します!


世田谷区代田で、田んぼのようにみんなで育む

シェアカフェ『ナワシロスタンド』

場所は世田谷区代田1丁目。世田谷代田駅から徒歩8分、下北沢南西口から徒歩12分と繁華街からは少し離れつつもお店が立ち並ぶ梅丘通りに面し、暮らしが身近な場所に佇む一軒家が今回の舞台です。

もともと住居として使われていた物件をomusubi不動産がオーナーさんから借り受け、今回シェアカフェとして生まれ変わらせます。

現在、7月上旬のオープンを目指し絶賛工事中!

先日 BONUS TRACK で開催したDIYイベント「NO BIG DEAL!! DIYのある暮らし」では、企画の一つとして壁塗りワークショップを実施。20名近い参加者の皆さんに、つくる段階から関わっていただくこともできました。

「NO BIG DEAL!! DIYのある暮らし」でのワークショップの様子

田植えの準備が整った代田(シロタ)で

これから時間をかけてお米に育っていく苗代(ナワシロ)

施設の名前は『ナワシロスタンド』。ナワシロとは漢字で苗代(ナエシロとも読みます)と書き、田植えをするときに塊になっているものをさします。これから時間をかけて稲になる、お米になるという苗代の状態が、利用いただく方々の状況にも近しいのでは?、またomusubi不動産としても田んぼを大事にしたいということから”ナワシロ”と名付けました。

ちなみに「代田」というのは「シロタ」と読むことができ「田植えの用意が整った田」という意味だそうです。シェアカフェの住所が「代田」で、そこにナワシロがある、という文脈です。ちなみに”スタンド”については立ち寄りやすさであったり、利用者が自立していく、という意味合いを込めています。

BONUS TRACKからまちにはみ出て、世田谷でも空き家活用を広げていけたら、そんな私たちの決意も表しました。

解体後(ワークショップ前)の様子 

曜日ごとに店主が変わり、チャレンジを応援するシェアカフェ

ナワシロスタンドは、月〜日曜まで曜日ごとに店主が変わるシェアカフェとして運営予定です。BONUS TRACKにあるキッチンは時間貸しですが、「もう少し腰を据えてお店をやりたい、でも新しくお店を借りるにはちょっと・・・」という方にも気軽に使っていただけたらと思っています。

何か始めてみたい!まずは試してみたい!そんな方には、ぜひおすすめです。

シェアカフェでの出店/利用にご興味お持ちくださった方は、下記フォームよりエントリーください!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAJuretGpFNMxic8mnYun7iFfXzrKqlrDBLlbcEWQSHIO0xg/viewform

たくさんの方が、この拠点に関わってくださり、みんなで田んぼを耕すように 場が育ってくれたらと思っています。


オープンまでの最新情報など随時SNSでも発信していきますので、どうぞお楽しみに。