BONUS TRACK 第23635号
2020.7.7発行

BONUS TRACK MEMBER’S 会員募集中

BONUS TRACK(ボーナストラック)は2020年4月に下北沢駅と世田谷代田駅のちょうど真ん中あたりに誕生した、みんなで使い育てていく新しい “まち” です。

“あたらしい商店街” をテーマに個性的な飲食店や本屋さん、ヴィンテージショップにレコード屋さんなど、さまざまなお店のオーナーが住みながら商いをしていています。

周りには保育園や銭湯、長く続く商店街などがあり、BONSU TRACKのなかにとどまらず、近隣のみなさんと一緒に生活を積み重ねながらまちをつくっていこうとしています。

omusubi不動産ではここに下北沢店を構えるとともに、BONUS TRACK内にある会員制のワークスペース(フリーデスク・シェアキッチン・ポップアップスタンド)を運営しています。

ここで出会う人たちと日々を過ごしながら、松戸で培ってきた物件活用のスキルを活かし、この地域で新しいチャレンジを始めたい人が活用できる空間の開拓なども行っていきます。

現在、omusubi不動産が運営するフリーデスク・シェアキッチン・ポップアップスタンドなどを利用する方を募集しています。詳細はそれぞれのページからご覧ください。

BONUS TRACK MEMBER’Sになって、ワークスペース(LOUNGE)やシェアキッチン(HOUSE)を利用する

貸出スペース(KITCHEN・STAND)でイベントやポップアップショップを開催する

BONSU TRACKの近くで住居・店舗・事務所に使えそうな物件を探す(問い合わせフォーム)


– MEMBER’Sが利用できる施設 –

会員制のワークスペースと、キッチン付きラウンジ、通りに面した小さな屋台スペース。日々の仕事場であると同時に、BONUS TRACK内のテナントスタッフや近隣にお住まいの方など、多様な人たちが行き交い、新たな出会いや商いが生まれていくことを目指しています。

BONUS TRACK にあるシェアラウンジ。全19席のフリーデスクがある、デスクワークのできるスペースです。下北沢の街を眺めながら働いたり、ゆるやかな雑談をすることができます。

キッチン、ブース、ミーティングルームがあります。開放されたスペースでは、メンバーとご飯を食べたり、打ち合わせをしたり、集中したり休憩するためのブースを利用することができます。また料理教室などのワークショップやトークイベントなど、さまざまなかたちで人が集まります。

SOHOの外、通りに面した小さな屋台付スペース。ポップアップでちいさなお店で試し、自分のつくったものを売ることができます。(8月以降 運用予定)

撮影:加藤甫(一部の写真を除く)


– アクセス –

ボーナストラックは、下北沢駅と世田谷代田駅のちょうど中ほど、「下北線路街」のエリアの一つです。小田急線・京王線「下北沢」駅・「世田谷代田」駅よりそれぞれ徒歩 5 分の場所にあります。


– スタッフ –

桜木 彩佳(さくらぎあやか)
BONUS TRACK MEMBER’S マネージャー
1986年生。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。ライブハウスにてブッキング修行後、株式会社TASKOを経て、株式会社東京ピストル(現・株式会社BAKERU)にて『下北沢ケージ』現場責任者・『HOLSTER』管理人を担当。2020年よりフリーランスに。バンド・1980YEN(イチキュッパ)ではダンスと歌唱を担当。趣味はコラージュを作ること。気軽に話しかけてください◎

殿塚 建吾(とのづかけんご)
BONUS TRACK MEMBER’S 責任者
1984年生/松戸市出身。千葉・松戸でMAD Cityの参画などを経て、2014年に八柱エリアでomusubi不動産を設立。古民家や廃墟っぽい建物に目がなく、DIY可能物件やシェアアトリエとして多数取り扱う。全くアート畑ではないのに国際芸術祭「科学と芸術の丘」を企画・運営するなど、入居者さんと街で何かをしています。松戸・下北エリアを飛び越えられる土壌耕します。


現在、omusubi不動産が運営するフリーデスク・シェアキッチン・ポップアップスタンドなどを利用する方を募集しています。詳細はそれぞれのページからご覧ください。

BONUS TRACK MEMBER’Sになって、ワークスペース(LOUNGE)やシェアキッチン(HOUSE)を利用する

貸出スペース(KITCHEN・STAND)でイベントやポップアップショップを開催する

BONSU TRACKの近くで住居・店舗・事務所に使えそうな物件を探す(問い合わせフォーム)