IMG_7618
おむすびマガジン 第2289号
2015.1.22発行

【マチのオミセvol.7】スローコーヒー オーガニック&フェアトレードのコーヒーを自家焙煎 

こだわりのレストランや、店主が面白い喫茶店、まちづくりに力をいれている会社など、omusubi不動産のオススメのお店をご紹介する「マチのオミセ」。

第7弾は、オーガニック&フェアトレードのコーヒーを自家焙煎するカフェ「スローコーヒー」さんのご紹介です。

スローコーヒー


■「オーガニック=美味しくないを変える」-創業者の思いを伝えるカフェ
スローコーヒーは、オーガニックかつフェアトレードのコーヒー豆の卸売りをやっているスロー社が2009年に開店したカフェです。

「オーガニック=美味しくないというイメージを変えたい」。
そんな信念のもと、お客様にフェアトレードやオーガニックコーヒーについてストレートに伝えたいという思いからスローコーヒーは始まりました。

16090183357_4852447f3a_z

取り扱っているコーヒーは、自社焙煎しているエクアドル産・コロンビア産・ブラジル産・デカフェのこだわりの4種類。一つひとつのパッケージが可愛くて、ついつい手にとりたくなります。商品名も「ちょっとすごいコーヒー」など、ユニークなネーミングで惹きつけられます。

8


今、一押しの人気商品は「カフェインレスコーヒー」。

10
妊婦さんやコーヒー好きだからこそカフェインの取り過ぎが気になる方など、好きだけどガマンしなくちゃいけない…という方にピッタリのコーヒーです。


また、カフェのフードメニューやスイーツメニューの食材も減農薬や有機野菜・くだもの、有機玄米などを使用するこだわりです。

一番人気は「スパイシー玄米タコライス」。
無添加のお肉を使用していて、甘みのあるお肉とスパイシーなソースがくせになる美味しさです。
IMG_3283-680x510

手作りスイーツは3種類で、どれもやさしい味わいです。(各種単品480円+税。ドリンク付きセット730円+税。)
・太陽と森の楽園ティラミス
25
オープン当初からの人気メニュー。メキシコ産のコーヒーを染み込ませたスポンジと濃厚なクリームチーズの相性が抜群。


・おとうふガトーショコラ
IMG_7613-680x510
甘さ控えめのりんごのシナモン煮と、チョコレートのほのかな苦みで大人の味を楽しめます。
 
・手作りオーガニックシャーベット(ベリー&豆乳バニラシャーベット)
IMG_7615-680x510
あっさりとした豆乳バニラと、しつこすぎない甘さと酸味のブルーベリーが絶妙なバランスです。


■わんちゃんと一緒にカフェごはん
店内には、飼い主とわんちゃんが一緒にご飯を楽しめる、愛犬家にはうれしいスペースもあります。わんちゃんメニューは、人も美味しく食べられるものを提供しているのだとか♪
12

IMG_7631-680x510


■ソーラー焙煎、はじめます
「他のコーヒー屋さんがやっていないことをやっていきたい!」と力強く話してくださった
代表の小澤さん。
その第一歩として、今年の3月頃から本格的にソーラー焙煎が始まります。

ソーラー焙煎ってなんだか難しそうな響きですが、太陽光発電で作って、その電気で焙煎機を動かすというシンプルなもの。この画期的な発想に、なんだかわくわくさせられました。

そのきっかけは3.11東日本大震災後の松戸市の計画停電でした。焙煎機を動かせず、全く仕事にならなかったことをもどかしく感じていたそうです。また、2011年6月スタジオジブリが自社ビルの屋上に「スタジオジブリは原発抜きの電気で映画をつくりたい」という横断幕を掲げていたのを見て心が揺さぶられ、ソーラー焙煎を考えるようになったといいます。クリーンなエネルギーで焙煎されたコーヒーが飲める日が楽しみですね。

丁寧に、そして主張しすぎないチカラをぬいたこだわりの数々を見て、味わうことのできるスローコーヒー。自分に合ったこだわりを見つけに立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

(Text;mari)

IMG_7626-680x510
【店舗情報】
・スローコーヒー
住所:千葉県松戸市日暮6丁目60B-one(ビーワン) 2F
TEL: 047-703-9700
<営業時間>10:00-19:00(ラストオーダー18:00)
・10:00-11:30(モーニング)
・11:30-15:00(ランチ)
・15:00-19:00(カフェ)
<定休日>毎週火曜日
<HP>http://www.slowslowslow.com/