0
おむすびマガジン 第18768号
2019.2.7発行

松戸・八柱エリアのヒトトナリを伝えていく「やはしらトナリ編集室」を開設しました。

2019年、omusubi不動産は創業5周年を迎えます。
そんな節目の年に、僕たちは「やはしらトナリ編集室」を開設しました。

このタイミングで、どうして「編集室」を作ったのか?
僕たちomusubi不動産は、5年前、こんな思いを持ってスタートしました。

**
04_34728133305_b00f99c9ca_h

omusubi不動産は、千葉県松戸市の八柱エリアにあるおこめをつくるフドウサン屋です。

入居者のみなさんや街の方々と一緒に田んぼや稲刈りをしています。
なぜおこめをつくるかというと、顔が見えている人と自給自足する暮らしを築きたいからです。

自給自足というとちょっと仙人のようでストイックなイメージがありますが、僕らが目指すのはそうではありません。

まずは自分ができることを自給する。足りないものは顔が見えている人とトレードする。
それは食べ物だけではなく、エネルギーも、衣服も、技術も、遊びさえもそうしたい。

そうすることで街に暮らす人々や地域、その先にある自然環境が「おたがいさまの関係」でいれれば、きっと暮らしを続けていくことができると考えています。

02_43837585461_b227404324_k

僕たちがお取り扱いする物件もそうです。

あちこちに建物が余ってしまっているのに、たくさんの時間とエネルギーをかけて新築ばかりがどんどん建てられていくのは、なんだかもったいない。

それよりも今ある建物が、環境と調和しながら使われて残っていく方が自然です。

だからこそ古民家や平屋、レトロなマンションや、懐かしき団地のように、古かったりクセがあるけど味わいのある物件を、DIY・改装可や、シェアOKな条件にしたり、時には物件のルールそのものをみなさんと一緒につくっていくことで、より良く使い続けていきたいと考えています。

03_43511354874_926c66a522_k

07_26892191449_a0023e553e_k

(詳細は「omusubi不動産とは」をご覧ください)

**

5年が経ち、ありがたいことに、この地域にだんだんと共感してくださる方が増え、自然とつながりあった方々が様々なデキゴトをおこすことが日常になり、街の景色が変わりつつあります。

「やはしらトナリ編集室」は、そんな街なかでおこっている日常やデキゴトを私たちなりに等身大で紹介する、いわばみんなの広報室のような存在になれたらいいなと思っています。一緒に企画もしていければと思ったので「編集室」という名前にしました。

yahashira_2

もちろん、人との交流を少し離れて、ゆっくりしたい方もいらっしゃると思います。そういった方にも、この八柱エリアは落ち着いて暮らすうってつけの場所だと思います。
もしも、「自分でも何かやりたいな」とか、「参加したいな」と思ったタイミングで、一緒に何かできたらとても嬉しいと思っています。その際は、ぜひお声がけください。

06_41335704891_3379a44a7b_k

「こんなことをしてみたい」
人と人を繋ぎ、お互いの個性を認め、手を取り合い仲間になって、共感した人がまた八柱に集う。そんな素敵な循環の一助になるように、また小さなきっかけを育む土壌を耕すように、私たちなりに企画、運営、発信していければと思っています。

初めまして。「やはしらトナリ編集室」です。
これからもどうぞ、omusubi不動産をよろしくお願いします。