謹賀新年HP
おむすびマガジン 第17856号
2019.1.1発行

新年明けましておめでとうございます! 2019年のご挨拶!

謹賀新年HP

新年明けましておめでとうございます!

たくさんの方に支えて頂いたおかげで今年も無事に新年を迎えることができました。本当にありがとうございます。毎年、じんわりとした気持ちになります。

2018年は僕たちにとって、新しいことにチャレンジさせて頂いた年でした。
24
一昨年からスタートした昭和35年築の木造社宅をリノベーションした「せんぱく工舎」は、徐々に入居者さんも増え、ご近所の方や遠方からも足を運んで頂けるようになり、6月にグランドオープンイベントをすることができました。

11月にも「とりかじ祭」と名づけたイベントを開催。今後も定期的に行っていく予定です。こうしたことが実現できるのは、それぞれの活動を営んでくださっている入居者さんひとりひとりの積み重ねがあってこそなので、本当にありがたいですし、僕らとしてはより良くできるようにし続けないといけないなと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また松戸市南花島にある大正時代の古民家「隠居屋 IN kyo-ya」の運営サポートも始めさせて頂きました。

2018年は経済的理由などから解体されてしまった古民家を目の当たりにする機会が多く、その度に悔しく、残念な気持ちになることが多かったなか、隠居屋女将の石井なぎささんが「ここを残したい」とご相談くださり、ご一緒させて頂く機会を頂けたのは、とてもありがたいことでした。

ここで自分たちが何かお役に立てないとomusubi不動産としての意味がないのではないかと思うくらい立派な古民家と志のある女将さんに出会えたので、今年は運営をカタチにし、石井さん、地域の方々に喜んで頂き、そして隠居屋が、古民家活用の新しいケースとなるようにしていけたらと考えています。

35.5
また秋には松戸市の重要文化財である戸定邸をメイン会場とした国際芸術祭「科学と芸術の丘」を運営団体の一員として実現することができました。

総合ディレクターであり、omusubi不動産の入居者さんでもある清水陽子さんや松戸市のみなさんと一緒に企画運営させて頂きました。中でも芸術祭の一環で行われた「丘のマルシェ」では、普段お世話になっている多くの入居者さんや関係者の方にご協力をして頂いてカタチにすることができました。

昔からの友人たちにも多く手伝って頂き、本当に本当にありがたすぎる時間でした。とはいえまだまだ反省点が多々ありますので、次回があるのであれば、関わってくださる方、来場してくださる方にとって「最高じゃん」となるように努めていきたいと思います。

45
浅草のクリエイティブスペースKAMINARIもちょっとした改装を終えて、秋にビル全体でイベントを実施。中でも2階にオープンした新スペース「踊り場」はビルと街の関わりを生み出す余白のようなスペースになっていて、ここから新しいカルチャーが生まれていく臭いがぷんぷんします。

46
また8LAB123ビルヂングレトロビルsAnkAkuなど以前から管理運営させて頂いているシェアアトリエ・クリエイティブスペースは、そこを拠点として頂いている方々の活動が日常となり、すっかり地域に根づき、自然とそこにあるような感じがしています。もともとがっつり空き家だったところがそうなるのって、本当に素晴らしいと思います。

41635005400_f960fe25ee_z
仲間と運営している曜日替わりのカフェOneTableでは、オープン当初から一緒に走ってくれたTeshigotoのおふたりがご卒業・独立してこの春松戸駅東口にお店を出されます!おめでとう!!

9
本業の空き家活用の方では、古いマンションのリノベーションとDIYカスタマイズをセットにしたお部屋を販売したり、ボロボロの空き家をすべて弊社が直して再生する「オーナー0円再生住宅」をスタートしたりバリエーションも増えてきました。

またカリアゲジャパンの一員として地方の空き家再生モデルを各地にお伝えさせて頂く機会を頂きました。少しでも各地で活かされる空き家が増えていけばいいなと思っています。

51
新年早々、松戸駅西口にある元スナックビルを再生したbuildingCの本格募集も始まります。ここも伝説のビルになるポテンシャルがありますので、お楽しみに!

たくさんの方々が自然と有機的につながり、ただ仲良しになっていたり、商品を卸していたり、コラボで作品をつくっていたり、出展者と主催者のようになっていたり。街の一員としてそうしたひとつひとつを、見たり、聞いたりすることがとてもうれしく思いますし、僕らが目指している「自給自足できる街」って多分こういう景色の連なりなんだよな〜と思います。

毎年のことながら振り返りが長くなったのでこの辺で笑!

さて、そして2019年はomusubi不動産が丸5年を迎えます!中3が二十歳になるくらいの期間です。妹とふたりで始まったomusubi不動産も8名のスタッフがいてくれるチームとなりました。本当に嬉しい限りです。。

そこで今年は5年分の気持ちを込めた感謝祭をを6月頃に行わせて頂く予定です。
そして毎月ひとつずつ新企画を打ち続けます!(宣言!怖い!)

ちょっと背伸びするくらいの身の丈サイズで一歩ずつ進んでいきますので、2019年もomusubi不動産をどうぞよろしくお願いいたします。

omusubi不動産 殿塚建吾 スタッフ一同