bloom (8)
おむすびマガジン 第15731号
2018.6.5発行

【満員御礼】6/16(土)古民家を地域とつながる場にしよう!vol.1「古民家お座敷フォーラム」

ご好評につき、こちらのイベントは満員となりました。お申込み下さった方、ありがとうございます!!
=============

私たちomusubi不動産は、古い物件を多く扱う不動産屋です。そのため時には、立派な古民家のご相談をいただくこともあります。

何十年も前に建てられた古民家には、今ではもうなかなか使えないような立派な木材が使われていたり、風の抜ける静かな和室がなんとも言えない風情を醸し出していたり。

新築の家にはない魅力がある古民家ですが、その多くは様々なハードルによって、次の世代に残していくのが難しい状態になっています。

私たちも、残念ながらご相談を頂いても実際にお力になれないことも少なくありません。
思い出の詰まった古民家を残したくても残すことができず、泣く泣く壊すという決断をされたオーナーさんの姿を多く見てきました。

「日ごろから古い物件に関わる不動産屋として、何かできることはないだろうか?」

そんな風に考えていたとき、昨年「自宅の古民家を生かして人々が集まれる空間をつくりたい」という思いをもつオーナーさんとの出会いがありました。

28294118708_0b71c024a9_z
古民家は、大正時代に建てられ、関東大震災にも耐えたという立派なもの。

現在は住まい手がいなかったという古民家ですが、オーナーさんが片付けから改装まで、時間をかけて大切に進められてきました。

そしていよいよこの春改装が終わり、新たなスペースとして生まれ変わりました!

28294118948_5ef71d856f_z
この場所の名前は、「隠居屋 IN kyo-Ya」。
地域の人々やクリエイター、アーティストなど、様々な人がつながる場をコンセプトにしています。

28294119818_04775882f6_z

40359717670_30812e7a23_z
改装では、元々の間取りを生かし、内部の大黒柱や建具などはそのまま使用。空間を生かしつつ、大きなキッチンも備えた、雰囲気のある空間になりました。

「隠居屋 IN kyo-Ya」では、今後広いキッチンをシェアして曜日替わりのカフェを行ったり、
広い室内を区分けして、各スペースをオフィスやショップとして使えるマンスリー利用として貸し出したり、
地域に開かれた場として子ども食堂を開催したりしていきたいと考えています♪

そこでまず、この古民家が地域とつながる場として活用する方法を考えるための、連続イベント企画を開催します!

第一弾は、トークイベント「古民家お座敷フォーラム~古民家×リノベ=コミュニティ~」!!

今回のトークイベントでは、古民家活用やコミュニティづくりに関わるスペシャルゲストをお呼びします。
「古民家を残していく」ということが難しい今、古民家プロジェクトの事例や、コミュニティを育むことで生まれる古民家活用の可能性などをゲストの皆さんと共にお話します♪

さらに、当日はSunniy’s coffee&musicさんによるドリンクも!
珈琲と音楽で心地よい空間をつくることをテーマに活動されているSunniy’s coffee&musicさんが、おいしいドリンクを提供してくださいます♪

皆さんのお越しをお待ちしています!

【古民家を地域とつながる場にしよう!vol.1「古民家お座敷フォーラム~古民家×リノベ=コミュニティ~」】
日時:2018年6月16日(土)17:00-19:30(開場 16:30)

場所:隠居屋 IN kyo-Ya
(〒271-0065 千葉県松戸市南花島中町196)
JR常磐線松戸駅東口よりバス 松13総合医療センター行「花島」下車 徒歩2分
JR常磐線松戸駅より徒歩18分/新京成線上本郷駅より徒歩15分

参加費:1500円(ワンドリンク込み)

定員:40名

ゲストスピーカー:
植原正太郎(NPO法人グリーンズ / greenz.jp 事業統括理事 )
大高健志(MotionGallery代表)
殿塚建吾(omusubi不動産代表)
(順不同、敬称略)

ドリンク:
Sunniy’s coffee&music

タイムスケジュール:
17:00-17:10 オープニング:「古民家を地域とつながる場にしよう!」について
17:10-17:30 ゲストトーク①
17:30-17:50 ゲストトーク②
17:50-18:00 休憩
18:00-18:30 対談
18:30 トークイベント終了
18:30-19:30 懇親タイム
19:30 懇親タイム終了

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。
※また撮影した写真・映像はWeb上で公開させて頂く場合がございます。

お申込み:ページをスクロールしていただき、下のお申込みフォームよりお申込みください。

ゲストスピーカープロフィール:
square_300
植原正太郎(うえはらしょうたろう)
NPO法人グリーンズ / greenz.jp 事業統括理事
1988年仙台生まれ。親の仕事の都合で日本全国を転勤しまくる幼少期を過ごす。大学卒業後、デジタルマーケティングのコンサルティング会社に入社。その後、2014年10月よりNPO法人グリーンズにスタッフとして参画。WEBマガジン「greenz.jp」の寄付読者制度「greenz people」を担当。2018年4月より事業統括理事に就任。本業の傍ら、東京ど真んのビル屋上や遊休地に畑をつくる団体「URBAN FARMERS CLUB」を立ち上げて活動中。好物はチーズバーガー。
greenz.jp https://greenz.jp/

プロフィール写真_大高様
大高健志(おおたかたけし)
早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系コンサルティングファームに入社、戦略コンサルタントとして、主に通信・メディア業界において、事業戦略立案、新規事業立ち上げ支援等のプロジェクトに携わる。 その後、東京藝術大学大学院に進学し映画製作を学ぶ中で、クリエイティブと資金とのより良い関係性の構築の必要性を感じ、2011年に日本での先駆けとしてクラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」を立ち上げ。以来15億円を超えるプロジェクトの資金調達~実現をサポート。2017年には、だれでも自分の映画館をつくることができるマイクロシアタープラットフォーム「popcorn」をスタート。
MotionGallery https://motion-gallery.net/
popcorn https://popcorn.theater/

tono
殿塚建吾(とのづかけんご)
omusubi不動産代表/宅地建物取引士
1984年生/千葉県松戸市出身
中古マンションのリノベ会社、企業のCSRプランナーを経て、房総半島の古民家カフェ「ブラウンズフィールド」に居候し、自然な暮らしを学ぶ。震災後、地元・松戸に戻り、オーナーがセルフビルドした「自給ハウス」にて部屋のDIYをしながら生活する。
2011年、松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」に参画し不動産事業の立ち上げをする。2014年4月に独立、こめをつくる不動産屋「omusubi不動産」を設立。DIY可能物件を扱いながら、市川市初のシェアアトリエ「123ビルヂング」や二世帯住宅をものづくりスペースに変えた「8lab」などを運営。田んぼをきっかけに入居者との暮らしづくりに取り組んでいる。

ドリンク提供:Sunniy’s coffee&music
IMG_5137
どなたにでも気軽に飲んで頂ける珈琲と、空間を演出提供することを常に心がけて活動しています。

【サービス内容】
デザイン会社 パワープレイス様のOfficeへ出向き、社員さんの福利厚生の一環としてハンドドリップで淹れた珈琲をご提供しています。(毎週火曜日)
文京区根津 にあるSIGNE coffeeさんをお借りして週2日(木曜&金曜)、cafe営業しております。
その他、週末はイベントやマルシェにて出張珈琲を行っております。

日常の活動がわかるインスタグラムはこちら