38028356812_24fe4030d3_z
八柱 第14082号
2017.12.22発行

レトロで落ち着いた雰囲気が魅力!ギャラリー&音楽室「千鈴舎」さん

温かな日差しが差し込み、のんびりとした空気が流れる松戸市二ツ木エリア。静かな住宅街が広がるこのエリアに、青い屋根が印象的な平屋建ての一軒家があります。

ここはギャラリー&音楽室「千鈴舎(ちりんしゃ)」さん。入居者さんである紺エリコさんとD.D.(ディー・ディー)さんご夫妻が中心となり、omusubi不動産で扱っていたこの物件をご自身たちの手で改装し、素敵な空間に生まれ変わらせました。

早速、中にお邪魔してみましょう♪

■懐かしい雰囲気が漂う、ギャラリー&音楽室「千鈴舎」さん■

24207020268_ba1bab85a6_z
「千鈴舎」さんを訪れると、まず目に入るのが青い屋根。どことなく、レトロな雰囲気が漂います。

38059382451_756fc6ce6e_z
玄関には、まるでおばあちゃんの家にあるようなレトロな石だたみが。

26283075369_e6b713b450_z
ギャラリーは、濃い茶色をメインに使われており、落ち着いた空間です。

26283070879_f6faf4ea81_z

38028355052_0b99c4d7ca_z
棚には、音楽活動をされている紺さんやD.D.さんが選んだ雑貨や楽器が並びます♪

38028374852_964755b3d0_z
部屋を取り巻く壁には、作品が展示できるようになっています!この日はたくさんの絵本が飾られていました。

26283069559_b71ff7b033_z
そして窓際には、まるでギャラリー全体を見守っているように、1台のアップライトピアノが置かれています。

このピアノは、紺さんがどうしても置きたかったというもの。以前ピアノが置かれていたギャラリーで演奏をしたことが印象的で、自分がギャラリーをやる際には絶対に置こうと考えていたのだそう。

企画展の会期中には、このピアノを使ったライブが行われることもあります♪

■音楽と絵本や作品を楽しめるギャラリー■
「千鈴舎」さんは、‟音楽室”をコンセプトにしたギャラリーです。

普段は音楽活動をされている紺エリコさん、そしてD.D.さんが中心となり、様々なテーマで企画展を開き、クリエイターさんや絵本作家さんの作品を展示したり、アーティストさんを招いた音楽イベントを行っています。

写真 2017-07-04 17 57 51
(千鈴舎さんより提供)
ギャラリーは、2017年7月にオープン。こけら落としとして、くまのひでのぶさんの個展「晴れたら一緒に出かけよう、雨なら一緒のとこにいよう」を開催しました。

6f61d96dc5b1d44e2599613f931a6421-700x525
(千鈴舎さんより提供)
「水のかたち」をテーマとした企画展の際には、作品の前でアーティストさんのライブが♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(千鈴舎さんより提供)
「小さい楽器」展では、D.D.さんの音楽制作にも使用されてきた小さい楽器やガジェット機材が所狭しと並びました。

ファイル 2017-11-06 1 28 56
(千鈴舎さんより提供)
絵画からあみぐるみまで多様な作品が集まった「どうぶつの仕草」展では、ピアノを使ったライブも!

それぞれの企画展のテーマを考えたり、作家さんに声をかけたりするのは紺さんの担当です。

紺さん「元々絵本や絵が好きで、たまに気になった作家さんの展示会に行っていたんです。それで仲良くなった作家さんや、気になっていた方などにお声がけしたりしています。
企画展のテーマは、いつも曲名を決めるみたいな感じで考えていますね。」

D.D.さんは、主にweb運営や演奏時の音響/配信サポートをされているのだそう。互いが得意なことを生かして「千鈴舎」を運営されています♪

■音楽と作品が出会って、化学反応が起きるような場所にしたい■
以前から音楽活動をされていた紺さんとD.D.さんですが、何をきっかけにギャラリーをスタートさせることになったのでしょうか?

「始まりは、本当にひょんなことだったんです。」とD.D.さんは笑います。

もともと自宅兼スタジオを探していたおふたり。しかし、なかなかちょうどいい物件が見つからなかったのだそう。

そこで条件を変え、スタジオのみに絞って探してみたところ、元々会計事務所として使われていたこの物件に出会いました。

15899900059_3546fb03b7_z
改装する前の物件の様子です。

2つの部屋がまるでパズルのように組み合わさったこの物件を見て、せっかくならばスタジオに限らないで使ってみようと考えたのだそう。

D.D.さん「どうせ何かやるなら、1つのことに絞りたくなかったんです。」

そこで音楽も一緒にできて、ギャラリーとしても使える場所にしようと考えたお2人。片方の部屋をスタジオ、もう一方をギャラリーとして改装を進めていくことになりました。

D.D.さん「気づいたらこうなっていたという感じで、あまり‟夢のギャラリー”という感じではないんですよね。笑」
紺さん「でも、音楽と作家さんの作品が出会うことで、何か化学反応のようなことが起こる場所になったらいいなと思っています。」

■「とにかくやってみよう」からスタートしたDIY■
ギャラリー兼スタジオとして生まれ変わることになったこの平屋。改装は、どのように進んでいったのでしょうか?

作業を中心となって進められたのは、永嶋靖久さん。D.D.さんと永嶋さんは、なんと高校の同級生!現在は、2人とも同じ会社に勤めています。

実は永嶋さん、これまでDIYの経験はほとんどなかったのだそう!

永嶋さん「元々ギターのクラフトをやったりもしていますが、ここまで大掛かりなDIYの経験はなくて。でもD.D.さんに何をどう失敗してもいいよって言われたので、じゃあやる!っていって。笑」

実は、ギャラリーのこけら落としの展示期間が先に決まっていたため、それに間に合わせて作業をしなければならないという状況に!

IMG_2709
(千鈴舎さんより提供)
永嶋さん「仕事が一緒なんで、移動中にじゃあ明日はこれやろうかって話したりして。仕事の前後にホームセンターに行って作業する、という感じで進めていきました。
古い物件だったので、ブレーカーも年季を感じさせるものだったり、工事していたらレトロなものがたくさん出てきたんですよ!」

IMG_3396
(千鈴舎さんより提供)
オープン前の改装期間は約3か月。最後の1か月は、こけら落としの展示に間に合わせるために急ピッチで作業を進めたのだそうです。

永嶋さん「今はとりあえず体裁が整った感じ。これから徐々にまた手を入れて、マイナーチェンジを重ねていきたいですね。」

■‟音楽室”をコンセプトにした、温かみのある空間■
ギャラリーとして「千鈴舎」の空間をつくっていくにあたって、紺さんの中には‟音楽室”というコンセプトがあったといいます。

紺さん「私は、木の感じがするあたたかい雰囲気の空間をつくりたかったんです。だから色も白ではなくて、濃い茶色のように落ち着く色味を使うようにしました。」

26283066579_afd4c2d4e7_z
床には遮音シートを敷き、その上から濃い茶色で塗装した板材を張りました。

有孔ボード差し替え候補A
(千鈴舎さんより提供)
壁には茶色に塗装した有孔ボードを使用しています。

永嶋さん「‟音楽室”というコンセプトに合わせつつ、展示のしやすさを考えて有孔ボードを使いました。実際やってみたら、吸音性もとてもよくなって、一石二鳥でした。」

IMG_3343
(千鈴舎さんより提供)
さらに、窓の大きさに合わせて取り外し可能な有孔ボードの板も製作。

この部屋はもともと窓が多く展示スペースが少なかったため、展示に合わせてボードを設置することで、より広く空間を使うことができるようになりました!

D.D.さん「白が基調になっていて、光がたくさん入る明るい空間のギャラリーはたくさんあるんです。だったら自分たちは、落ち着いたこの雰囲気や古さを生かして、この場所や自分たちでしかできないことをやっていこうと思っています。」

37349880934_682ba6ffca_z
紺さんもお気に入りだという、レトロなガラスの窓。

お客さんの中には、この「千鈴舎」さんの落ち着いた雰囲気を気に入って、「思わず長居してしまった」という方も少なくないのだそうです。

■色々な人が自分のやりたいことに挑戦できるギャラリーへ■
オープンから数か月を経た「千鈴舎」さん。様々な企画展やライブの開催を経て、徐々に人気が広がっています。最近では、毎回企画展に通う常連さんもいらっしゃるのだとか。

「千鈴舎」をオープンしたことで、紺さんやD.D.さん、永嶋さんに何か変化はあったのでしょうか?

紺さん「作家さんやミュージシャンと知り合いになれて、しかもその方の作品や音楽をここで体験することができるっていうのはすごい楽しいし、嬉しいことですね。
お店や展示のアドバイスを下さる方もいらっしゃるんですよ。」

26283065189_4eb4e3dc9d_z
「千鈴舎」さんによって、様々な作家さんやお客さん同士がつながって、さらに「千鈴舎」さん自身の活動そのものが広がっていく。

徐々に「千鈴舎」さんが、様々な人の可能性をつなげる場所になっています。

24207023168_38ed028c70_z
D.D.さん「今後は、色々な人がまずこの場所で挑戦できる、みたいな場所にしていきたいなと思っていて。『こういうところで作品を置きたいな』とか『ここでライブをやりたいな』っていう人が出てきてくれたら嬉しいですね。」

そのためにもっと色々な展示を企画していきたいし、まだまだ改装も進めたいと話す3人。

自分たちができるところから一歩ずつ形にしていこうとするその姿は、前向きで自然体です。その温かさが「千鈴舎」さんの魅力となり、様々な人が集う場所になっているのではないかと感じました。

ぜひ皆さんも、青い屋根が目印の音楽室&ギャラリー「千鈴舎」さんを訪れてみてくださいね♪

「千鈴舎」さんでは、随時様々な企画展を開催中です。もちろんギャラリーレンタルも大募集中です!
お問い合わせ/最新情報は、「千鈴舎」さんのホームページやSNSを参考にしてみてください♪

==========================================
chirinsha
Gallery&音楽室「千鈴舎」

住所:千葉県松戸市二ツ木1699(JR常磐線/流鉄 馬橋駅(東口)より徒歩16分、JR常磐線/武蔵野線 新松戸駅より徒歩19分)
Tel:047-718-2294
※不定期営業につき、電話連絡をお受けできないことがあります。スペースのご利用のお申込みやお問い合わせはホームページやメールアドレスよりお願いします。
mail:chirinsha@gmail.com

ホームページ http://chirinsha.net/
インスタグラム https://www.instagram.com/chirinsha/
Twitter https://twitter.com/chirinsha_info
==========================================