おむすびマガジン

madia-logo-2-01
2019.02.26

【メディア掲載】greenz.jpに「科学と芸術の丘」の記事が掲載されました!

ウェブメディア「greenz.jp」にて、omusubi不動産が運営に関わり、昨年10月に開催された「科学と芸術の丘」を特集した記事が公開されました! 運営メンバーのインタビューも交えながら、開催に至った背景や当日の様子 […]

45410859995_2355849eac_z
2019.02.23

12/15(土)123ビルヂングオープンアトリエイベントレポート

市川初のシェアアトリエ・クリエイティブスペース123ビルヂング。 2018年の秋にはspaceAのBakansucyclesさんのお店もオープン!さらに新たな入居者さんも入られたので、2018年12月15日(土)に123 […]

52732935_2486931044667507_7298679895960322048_n
2019.02.22

3/9(土)さんきゅー古材マーケット@せんぱく工舎 f号室

※こちらはomusubi不動産以外の主催者によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ […]

44779926645_bf44154ff0_k (1)
2019.02.09

11/3(土)「せんぱく工舎とりかじ祭 ~秋のオープンDAY~」 イベントレポート

2016年6月からスタートした築60年の社宅をリノベーションしたシェアアトリエ・クリエイティブスペース「せんぱく工舎」。2018年11月3日に入居者のみなさんと一緒に企画したイベント「せんぱく工舎とりかじ祭〜秋のオープン […]

0219nakamurakentasan.003
2019.02.08

2/19(火)はたらくようにつくる鍋パ 〜ナカムラケンタさん『生きるように働く』出版記念トークイベント〜

大正時代に建てられ、関東大震災にも耐えたという立派な古民家を改装したスペース、「隠居屋 IN kyo-Ya」。地域の人々やクリエイター、アーティストなど、様々な人がつながる場をコンセプトにしています。 今回は、世の中のい […]

0
2019.02.07

松戸・八柱エリアのヒトトナリを伝えていく「やはしらトナリ編集室」を開設しました。

2019年、omusubi不動産は創業5周年を迎えます。 そんな節目の年に、僕たちは「やはしらトナリ編集室」を開設しました。 このタイミングで、どうして「編集室」を作ったのか? 僕たちomusubi不動産は、5年前、こん […]

madia-logo-2-01
2019.02.04

【新聞掲載】東葛まいにち 第694号(2019年1月30日発行)

2019年1月30日に発行された、東葛まいにち(第694号)にせんぱく工舎を掲載していただきました! せんぱく工舎に入居されている星子スコーンさん、アトリエオリーブさんとともに紹介していただいています。 ありがとうござい […]

32782312108_d4e5dd1bc9_z
2019.01.19

2/9(土)buildingC内覧会

JR常磐線/新京成線「松戸」駅からトコトコ徒歩で4分ほど、ちょっと外れた路地裏通りにomusubi不動産とお付き合いのあるオーナーさんが所有する一棟のビルがあります。 実はこのエリアとこのビル、以前は、風俗のお店が並ぶち […]

50577987_399345924139932_5283324882392711168_n
2019.01.18

1/26(土)物件売却ご相談会

omusubi不動産にて物件売却ご相談会を開催します!! 「築年数の古い建物でも活用法はあるの?」 「家を売るってどういう流れなの?」 などなど、ご所有の物件でご相談したいことがありましたら、ぜひお気軽にご参加ください! […]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2019.01.15

古民家を地域とつながる場にする実験Vol.3:見えてきた風景 「古民家マルシェ」イベントレポート

大正時代の古民家を改装して作られたスペース「隠居屋」。 古民家のこれからのあり方を探っていくため、トークイベントやジャズライブなど、実験的にイベントを開催してきました。 第3弾は「古民家マルシェ」!フードや雑貨など、多彩 […]

謹賀新年HP
2019.01.01

新年明けましておめでとうございます! 2019年のご挨拶!

新年明けましておめでとうございます! たくさんの方に支えて頂いたおかげで今年も無事に新年を迎えることができました。本当にありがとうございます。毎年、じんわりとした気持ちになります。 2018年は僕たちにとって、新しいこと […]